デル・テクノロジーズ、当会計年度第4四半期および通年の業績を発表 未来の働き方を実現するソリューションが過去最高の業績を後押し

当資料は、2021年2月25日に米国で発表されたプレスリリースの抄訳版です。

米国リリース原文:https://investors.delltechnologies.com/news-releases/news-release-details/future-work-solutions-fuel-dell-technologies-record-fiscal-year

2021年3月2日

デル・テクノロジーズ株式会社

 

デルテクノロジーズ、当会計年度第4四半期および通年の業績を発表
未来の働き方を実現するソリューションが過去最高の業績を後押し

 

ニュースの概要

  • 通年の売上高は過去最高の942億ドル
  • 通年の営業利益および非GAAP営業利益も過去最高 - それぞれ51億ドル、108億ドル
  • 営業キャッシュフローも過去最高の114億ドル
  • クライアント ソリューション グループ(CSG)は出荷実績、売上高、営業利益のすべてで過去最高を記録

2021225日、テキサス州ラウンドロック発

デル・テクノロジーズは、2021会計年度(2020年2月~2021年1月)および第4四半期(2020年11月~2021年1月)の業績を発表しました。

通年の売上高は前年比2%増で過去最高となる942億ドルでした。営業利益は前年同期比96%増の51億ドル、非GAAPベースの営業利益は前年同期比6%増の108億ドルで、いずれも過去最高となります。通年の純利益は35億ドル、非GAAPベースの純利益は68億ドルでした。営業キャッシュフローは過去最高の114億ドルで、通年の希薄化後1株あたり利益は4.22ドル、非GAAPベースの希薄化後1株あたり利益は8.00ドルでした。

第4四半期の売上高は前年同期比9%増の261億ドルでした。営業利益は前年同期比204%増の22億ドル、非GAAPベースの営業利益は前年同期比19%増の33億ドルでした。純利益は13億ドル、非GAAPベースの純利益は23億ドル、調整後EBITDA(利払、税引、償却前利益)は38億ドルでした。営業キャッシュフローは59億ドルでした。第4四半期の希薄化後1株あたり利益は1.57ドル、非GAAPベースの希薄化後1株あたり利益は2.70ドルでした。

デル・テクノロジーズのCOO(最高執行責任者)、ジェフ クラーク(Jeff Clarke)は、次のように述べています。「この1年間、テクノロジーが社会、経済、生活を前進させる中心的な役割を果たしてきた中で、デル・テクノロジーズはお客様とパートナー様を支援することに全社一丸となって取り組んできました。場所を問わずに仕事をしたり学習したりできる新たな現実にお客様が適応することをサポートしてきたことで、当期は942億ドルという過去最高の売上高を達成できました。また、2021年のIT支出は一桁台半ばで成長することが見込まれていますが、当社はこの勢いを活用できる絶好のポジションにあります」

2021会計年度第4四半期および通年の業績

3カ月 通年
2021129 2020131 前年比 2021129 2020131 前年比
(単位:100万、1株あたり利益および%を除く - 未監査)
総売上 $ 26,112 $ 24,032 9% $ 94,224 $ 92,154 2%
営業利益 $ 2,177 $ 717 204% $ 5,144 $ 2,622 96%
純利益 $ 1,343 $ 416 223% $ 3,505 $ 5,529 (37)%
希薄化後1株あたり利益 $ 1.57 $ 0.54 191% $ 4.22 $ 6.03 (30)%
非GAAP売上 $ 26,148 $ 24,129 8% $ 94,389 $ 92,501 2%
非GAAP営業利益 $ 3,294 $ 2,767 19% $ 10,798 $ 10,148 6%
非GAAP純利益 $ 2,288 $ 1,684 36% $ 6,763 $ 6,089 11%
調整後EBITDA(利払、税引、償却前利益) $ 3,809 $ 3,201 19% $ 12,747 $ 11,787 8%
希薄化後非GAAP1株あたり利益 $ 2.70 $ 2.00 35% $ 8.00 $ 7.35 9%

デル・テクノロジーズの非GAAPベース財務情報の利用に関する情報は下記「Non-GAAP Financial Measures」を

ご覧ください。特に記載がない限り、本プレスリリース内のすべての比較は前年比です。

当会計年度末における現金および投資の残高は158億ドルでした。また中核的な負債について、2021年度の返済目標である55億ドルを達成しました。当会計年度末における総前受利益は前年比30億ドル増の308億ドルでした。お客様のビジネス ニーズと予算に合わせて優れた柔軟性でIT環境のスケールアップを実現するデル・テクノロジーズのas-a-Service(aaS)モデル、また前受収益の償却およびユーティリティーを含む経常収益は、前年比8%増の約60億ドルとなりました。

デル・テクノロジーズのCFO(最高財務責任者)、トム スウィート(Tom Sweet)は、次のように述べています。「今年度の堅調な業績は、デル・テクノロジーズ全体を通じた回復力(レジリエンシー)とビジネス モデルの柔軟性が認められた結果であると言えるでしょう。お客様、従業員、イノベーション、ビジネスの実行に専心の姿勢で取り組んできた結果が、114億ドルという過去最高の営業キャッシュフローにつながりました。これからも当社はすべてのステークホルダーの皆様に、他社とは一線を画す優れた価値を提供し続けていきます」。

各ビジネスユニットの概況

クライアント ソリューション グループCSGの第4四半期の売上高は前年同期比17%増で過去最高となる138億ドルで、内訳は、法人向けの売上高が前年同期比16%増の99億ドル、消費者向けの売上高が同19%増の38億ドルでした。営業利益は同グループ売上の約7.6%となる10億ドルでした。通年の売上高は前年比5%増で過去最高となる484億ドルでした。また、通年の営業利益は前年比7%増の34億ドルでした。

主なハイライトは次のとおりです。

  • 2020年(暦年)の出荷実績は前年比8%増の5,030万台で過去最高を記録1
  • 2020年(暦年)に法人向けPCのシェアを伸ばしたのは3大ベンダーのみ1
  • 「Latitude」と「Precision」の両ノートブックおよび法人向け「Chromebook」は引き続き右肩上がりで堅調に成長

 

インフラストラクチャー ソリューション グループISGの第4四半期の売上高は88億ドルと前年比で横ばいとなり、内訳は、ストレージの売上高が前年比2%減の44億ドル、サーバーおよびネットワーキングの売上高が前年比3%増の44億ドルでした。営業利益は同グループ売上の約13.5%で過去最高となる12億ドルでした。通年の売上高は326億ドルで、営業利益は38億ドルでした。

主なハイライトは次のとおりです。

  • 次世代のモダン データセンター テクノロジーとアプリケーションを導入するお客様の増加に伴い、「Dell EMC PowerStore」の受注が前四半期比で4倍増
  • 「Dell EMC PowerMax」、HCI、「Dell EMC PowerProtect Data Domain」が前年比で堅調に成長
  • 最新のVMwareリリースと新しいHCI、クラウド、ストレージ、データ保護機能の統合により、エッジ、データセンター、ハイブリッド クラウドのすべての環境を通じたイノベーションが可能に

 

VMwareの第4四半期の売上高は、多様な製品ポートフォリオで幅広い範囲を網羅した強みを背景に、33億ドル、営業利益は11億ドルでした。通年の売上高は119億ドル、営業利益は36億ドルでした。

 

1  IDC社「WW Personal Computing Device Tracker」(2020暦年第4四半期)、「WW Commercial PC」、前年比ベース

# # #

デル・テクノロジーズについて

デル・テクノロジーズ(NYSE:DELL)は、企業や人々がデジタルの未来を築き、仕事や生活の仕方を変革することを支援します。同社は、データ時代における業界で最も包括的かつ革新的なテクノロジーとサービスのポートフォリオをお客様に提供しています。

# # #

© Copyright 2021 Dell Inc.、その関連会社。All Rights Reserved.

Dell Technologies, Dell, EMCおよびDell EMCが提供する製品及びサービスにかかる商標は、米国Dell Inc. 又はその関連会社の商標又は登録商標です。その他の製品の登録商標および商標は、それぞれの会社に帰属します。

About the Author: Dell Technologies

Topics in this article