デル・テクノロジーズ導入事例:福岡市が約12万台のDell Chromebook を導入

2021年7⽉21⽇
デル・テクノロジーズ株式会社

 デル・テクノロジーズ導入事例:福岡市が12万台のDell Chromebook 導入

―4か月で1人1台の端末環境を整備し、迅速なオンライン授業への対応を実現―

デル・テクノロジーズ株式会社(本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:大塚 俊彦、以下、デル・テクノロジーズ URL:https://www.delltechnologies.com/ja-jp/index.htm)は、文部科学省が推進する、児童・生徒向けに1人1台の端末と高速大容量の通信ネットワークを整備するGIGA スクール構想に関連し、福岡県福岡市による約12万台のDell Chromebook の導入事例を本日発表しました。

福岡県福岡市―約12万台のDell Chromebook 導入により、11台の端末環境を実現しオンライン授業への対応も迅速化

全国の政令指定都市の中でも、児童・生徒一人あたりの端末保有率が低いことに課題を感じていた福岡市教育委員会では、2019年度からは日常的に教室でICTを用いた授業を実現する環境構築の取り組みを加速させています。

福岡市では、教育ICTに20年ほど前から取り組んできましたが、文部科学省が行っている児童・生徒一人あたりの端末台数調査では、非常に数値が低い状況が続いていました。政令指定都市だけでなく、市町村を含めた全自治体の中でも下位に位置するほどICT 環境の整備が遅れていることは大きな課題の1つでした。実際に福岡市立の小学校では、これまで児童が使える端末は各学校のパソコン教室にある20台ほどでした。

同市では、2019年度からそうした課題を解決し、日常的に教室でICTを用いた授業をできるように本格的なICT環境の整備に着手しました。普通教室に常設のプロジェクターや教員用の端末を配備するとともに、校内の無線LAN環境の整備を行っていきました。全校を対象に教育ICT環境の整備を進める中、文部科学省によるGIGAスクール構想が打ち出されました。こうして福岡市では、GIGA スクール構想の動きに合わせて、2020年に市立小中学校に通うすべての児童・生徒に対して1人1台のPC環境を導入しました。

この際に整備された端末がデル・テクノロジーズの「Dell Chromebook 3100 2-in-1」でした。福岡市教育委員会では、12万1,780台という日本国内でも数少ない大規模導入であることに加え、1年間という短期間での整備であったため、納品自体が間に合うのか、ネットワークを含めてきちんと動くのかといった不安を感じていました。しかし、デル・テクノロジーズの担当者が中心となり、多くの関係企業との定期的なミーティングの開催やChromebookTM の環境設定、ネットワークの相談といった親身になったサポートを提供した結果、約4か月間での導入を実現しました。

導入効果

  • 高い堅牢性を持つ端末のため、小中学生が安心して端末を持ち帰ることができるPC環境を実現
  • 新型コロナウイルスによる急な学級閉鎖時でもオンライン授業の対応をスムーズに実施
  • クラウドでの解説動画視聴やAIドリルなど、子どもたちの興味を高める『福岡スタイル』の授業の取り組みも加速
  • Google Classroomをはじめ、子どもたちの意見や回答を収集・共有しやすくできるGoogle の各種アプリの活用で自発的な学びを推進

福岡市では、今後も引き続き、緊急時だけでなく日常的に「Dell Chromebook 3100 2-in-1」を持ち帰って使い、誰でもいつでも等しく教育が受けられる環境を整えていきたいとの展望を掲げています。福岡県福岡市の導入事例の全文は、こちらご参照ください。

Chromebook 3100 2-in-1 ノートパソコン」は、クラス最高の耐久性と最長13時間のバッテリー持続時間を誇る11インチ2-in-1*として、学生の学習とコラボレーションを支援します。

*Chromebook 3100 2-in-1のテストは、インテルGemini Lake N4000プロセッサー、4GBメモリー、64GB eMMc、HDタッチ パネル、Chrome OS、および3セル42Wバッテリーの構成で、Google Chrome Power LoadTestを使用して実施されています。これは、http://www.chromium.org/chromium-os/testing/power-testing (英語)で入手可能です。テスト結果は比較のみを目的としています。実際のバッテリー使用可能時間は、テスト結果を大きく下回る可能性があり、製品の構成、ソフトウェア、使用方法、動作条件、電源管理設定などの要因に応じて変化します。バッテリーの最大使用可能時間は、使用期間の長さにともなって減少します。

■デル・テクノロジーズについて
デル・テクノロジーズ(NYSE:DELL)は、企業や人々がデジタルの未来を築き、仕事や生活の仕方を変革することを支援します。同社は、データ時代における業界で最も包括的かつ革新的なテクノロジーとサービスのポートフォリオをお客様に提供しています。

© Copyright 2021 Dell Inc.、その関連会社。All Rights Reserved.
Dell Technologies, Dell, EMCおよびDell EMCが提供する製品及びサービスにかかる商標は、米国Dell Inc. 又はその関連会社の商標又は登録商標です。その他の製品の登録商標および商標は、それぞれの会社に帰属します。
■記載内容は、2021年7月21日時点のものです。