デル・テクノロジーズ導入事例:ベルリッツ・ジャパンのPCリプレースに伴う初期展開の工数を大幅に削減

2021年10⽉22⽇
デル・テクノロジーズ株式会社

デル・テクノロジーズ導入事例:ベルリッツ・ジャパンのPCリプレースに伴う初期展開の工数を大幅に削減


―教師向けの800台の「Latitude 3190 Education 2-in-1」へのリプレースに際し、
「Dell ProDeploy Client Suite」プロビジョニングサービスによってPCの
初期展開に要する時間を劇的に削減―

デル・テクノロジーズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大塚 俊彦、以下、デル・テクノロジーズ URL:https://www.delltechnologies.com/ja-jp/index.htm)は、ベルリッツ・ジャパン株式会社(以下、ベルリッツ・ジャパン)がプロビジョニングサービス「Dell ProDeploy Client Suite」の採用により、PC初期展開の工数を大幅に削減した導入事例を発表しました。

ベルリッツ・ジャパンでは、今後のDXを見据えたPCの性能アップとコストの最適化、そして運用管理の負荷を低減することを目的として、1500台以上に上る社内すべてのPCをデル・テクノロジーズ製品に一本化することを推進してきました。さらに教師用端末には、性能・機能の両面において同社が求める要件に合致した、デル・テクノロジーズの2-in-1パソコン「Latitude 3190 Education 2-in-1」を採用し、オンラインレッスンの本格始動に向け、2021年末までに教師用のPC約800台を同製品にリプレースするプロジェクトに着手しました。

そして、キッティングなどPCの初期展開に要する手間と時間を大幅に引き下げるため、マイクロソフトの「Windows Autopilot(オートパイロット)」を使用した、信頼性の高い導入をサポートするプロビジョニングサービス「Dell ProDeploy Client Suite」を採用し、PC初期展開の工数を大幅に削減することを実現しました。

導入効果

  • 「Dell ProDeploy Client Suite」の導入によってPCのキッティングが自動化され、PCの初期展開に要する時間を1台当たり平均100分削減
  • 従来、PCの発注・キッティングを外部のIT企業に委託していたが、「Dell ProDeploy Client Suite」を導入することでそれが不要になり、PC発注から納入までの期間を約1週間短縮
  • およそ800台の教師用端末の「Latitude 3190 Education 2-in-1」へのリプレースを「Dell ProDeploy Client Suite」でスムーズに展開。オンラインレッスン用のIT環境整備を計画どおりに実現
  • 多様な機種で構成される社用PCの導入・刷新の効率性を将来にわたって確保

こうした効果から、「Latitude 3190 Education 2-in-1」による教師用端末のリプレースは滞りなく進み、2021年8月時点で600台のリプレースが完了しました。同年末までにはさらに200台のリプレースを終える見込みで、今後は教師用端末のほか、事務用・営業用や教室管理業務用、教室内テスト用など、あらゆる社用PCの新規導入時に「Dell ProDeploy Client Suite」を活用していく予定です。ベルリッツ・ジャパンの導入事例の全文は、こちらをご参照ください。また、「Latitude 3190 Education 2-in-1」に関する詳細は、こちらをご覧ください。

###

■デル・テクノロジーズについて
デル・テクノロジーズ(NYSE:DELL)は、企業や人々がデジタルの未来を築き、仕事や生活の仕方を変革することを支援します。同社は、データ時代における業界で最も包括的かつ革新的なテクノロジーとサービスのポートフォリオをお客様に提供しています。
© Copyright 2021 Dell Inc.、その関連会社。All Rights Reserved.

Dell Technologies, Dell, EMCおよびDell EMCが提供する製品及びサービスにかかる商標は、米国Dell Inc. 又はその関連会社の商標又は登録商標です。その他の製品の登録商標および商標は、それぞれの会社に帰属します。
■記載内容は、2021年10月22日時点のものです。