モノクロレーザープリンタ 2350d/2350dn 販売開始です

デルからプリンタ?

遂にプリンタ事業も始めたのか?

いえいえ、以前からデルはプリンタを販売しています。個人ユース向けインクジェットや企業ユース向けレーザー、実はどちらも扱っています。

そんななか、新製品2350d/2350dnが販売開始となりましたのでお知らせします。

clip_image002

本モデルは個人ユースでも企業内ネットワークでも品質の高い印刷を低コスト・省スペースで実現するために作られました。毎分最高39枚 (A4)という高速印刷ながら月間最大負荷60,000枚まで耐えられるエンジン設計。標準トレイ250枚に加え、550枚収容の大容量トレイもオプション対応。また最大1,200 ×1,200 dpi の高解像度で通常文書はもちろん、プロユース用グラフィックも美しく印刷出力できます。

ちなみに、モデル名の“d”は両面印刷の“duplex”、“n”はネットワーク対応の“network”を表しています。他の機種も同じネーミングルールですので参考にしてみて下さいね。

最後に、今後のデルのプリンタについてAPJ Printer Senior BDM久次さんからコメント頂いていますので少しご紹介しておきます。

「デルが世界市場で目指すのはIT業界の ’Trusted One-Stop IT Advisor’。プリンタはその目標を実現する上でとても重要なピースです。2350d/dnはデルのレーザーラインアップを強化するとともに、全てのユーザーに高い印刷クオリティと生産性を提供することでオフィスのIT効率を飛躍的に向上させます。デルは今後プリンタ事業へも積極的に投資をしていき、’Trusted One-Stop IT Advisor’としてお客様の購入オプションをどんどん増やして行きたいと考えているのです。」

’Trusted One-Stop IT Advisor’かー?そうなんです、デルにとってプリンタはとっても戦略的なんです。

About the Author: Dell Technologies

Topics in this article