「信じる道をいこう―Take Your Own Path」ブランド・キャンペーン第二弾開始!

中堅中小企業を専門に担当するSMB事業部が昨年からグローバル展開しているブランド・キャンペーン「信じる道をいこう―Take Your Own Path」の第二弾が本日からスタートしました。


昨年展開したキャンペーン第一弾は2010年第16回日経BP広告賞で最優秀パソコン広告賞を受賞。4月に行われた受賞式には北アジア地区 スモール&ミディアムビジネス マーケティング本部長の 原田洋次が参加しました。


受賞対象となった広告と審査員のコメントはこちらをご覧下さい。

デルの歴史はマイケル・デルがスタートさせたスモールビジネスから始まりました。まさに自分の道を信じ、自らの道を進み続けたことで現在のデルが出来上がったと言えます。


マイケル・デルの様に型にはまらない素晴らしいアイディアを持った企業家が「成功に向けた自らの道を歩む」ことを実現できるよう、デルはSMB(中堅中小企業)をサポートしています。


信じる道をいこう―Take Your Own Path」キャンペーンはデル製品を使って実際に活躍し、自分を信じて成功への道を切り開いてきた企業家の方を「ヒーロー」と呼び、その活動を紹介しています。


日本では株式会社クララオンライン 代表取締役社長 家本 賢太郎氏、 コンビ株式会社 代表取締役社長 松浦 弘昌氏、株式会社ぱど 代表取締役社長 倉橋 泰氏、株式会社ミクシィ 代表取締役社長 笠原 健治氏の4名(社名は五十音順)がヒーローに選ばれ、広告や特設サイトなどに登場しています。


本日の朝日新聞に掲載した広告をご覧いただいた方もいらっしゃるかと思います。キャンペーン第二弾は今後様々なメディアで展開していく予定です。

もうすぐ新しい「ヒーロー」も登場します。どうぞご期待下さい。

About the Author: Dell Technologies

Topics in this article