カスタマイズした結果と無料ウェビナーに関する情報を表示する

情報のアクセス容易性を高めるには

組織は今、急速に増加している大量の非構造化データの処理という課題に直面しています。これらの非構造化データを利用する従業員は増加傾向にあります。また、データ分析など、ビジネスを成功させるうえでますます重要となっているさまざまなアプリケーションやワークロードも非構造化データを必要としています。これらの課題は、アクセスの難しさとともに、企業がインサイトを得たり、ビジネス アクションを促したりするのを阻害する要因となっています。統合型のマルチプロトコルをサポートするデータ レイクを導入すると、企業全体で情報アクセスとデータ共有が容易になるため、情報共有体制の強化を容易に図ることができます。

コア

IDCによると、企業が今日管理しているデータの容量は50 TB未満にとどまっていますが、5年後には200 TBを超える可能性があると予想されています。エンタープライズ データの増加には、ストレージを永続的なデータの単一のセントラル リポジトリに統合することで対応できます。このリポジトリはデータ レイクと呼ばれ、ITアーキテクチャを合理化し、効率性が高く、ビジネス ニーズの変化に合わせて拡張できます。

インフラストラクチャの標準化に着手すると、効率性の向上と管理のシンプル化というメリットが早くも実現し始めます。データ レイクでは、これらをはじめとしたメリットを拡張することが可能です。特定のワークロードに対する現行の専用ストレージ アプローチを見直すことにより、NFS、HDFS、SMB、HTTP、FTPなどの幅広い業界標準プロトコルを活用する統合コア インフラストラクチャを導入して、効率性の向上と管理の合理化を達成できます。データ レイクは、さまざまなアプリケーションを単一プラットフォームでサポートできるため、お客様は情報共有体制を全社的に強化し、データ資産からさらなる価値を引き出せるようになります。

エッジ

新しい拠点に事業を拡大する準備ができたら、データ レイクも拡張できます。少人数のITリソースしかいないリモート オフィスにおいても、データ レイクはさまざまなワークロードをシンプルかつ効率的にサポートすると同時に、データをその作成場所や保存場所にとらわれることなく保護する耐障害性をもたらします。また、エッジ拠点からのデータをコアに統合することによって強力なデータ分析ツールを活用し、ビジネスに関する追加のインサイトを得ることもできます。

ネイティブ

データ量が急増する中、クラウド スケールの機能は、効率性を向上させ、オン プレミス ストレージ リソースを最適化するための魅力的な手段となっています。データ レイクをポリシー ベースの自動階層化機能とともに使用すると、お客様が指定するクラウド ストレージ オプションとのシームレスな統合が可能になるため、「コールド」データまたは「フローズン」データ用の高効率アーカイブ ストレージ階層が実現します。これにより、価値の高いオン プレミスのストレージ リソースを、よりアクティブなデータやアプリケーションのために使用できるようになります。このようにクラウドに拡張できるデータ レイクがあると、データはその保存場所にかかわらず、ユーザーとアプリケーションから簡単かつ透過的にアクセスできる状態のままとなります。

分析

データ レイクはBig Data分析の基盤をなすものです。統合型のデータ アクセスをコアで実現すると、イン プレースのBig Data分析を実行できるため、別のインフラストラクチャを構築したりデータを手動で転送したりする必要がなく、時間とコストの節約につながります。Dell EMCは、大手Big Data分析ディストリビューターをすべてサポートし、ネイティブのHDFS統合に対応しています。

ウェビナー:非構造化データのパワーの活用

「非構造化データのパワーの活用」に関するウェビナーを視聴できます。このウェビナーでは、従来型とクラウド ネイティブの複数のプロトコルにアクセスできる単一ボリュームにデータを統合するという、データ レイク構築の最初のステップを行うことにより、サイロ化されたストレージを排除するコア データ センターの実装方法についてご説明します。また、データ レイクをコアからエッジ、さらにはクラウドに拡張して、スケールアウト、ソフトウェア デファインド、クラウド対応のデータ レイク アーキテクチャを実現する方法についてもご説明します。

ウェビナーを見る

さらに詳しく知りたい方のために、Hadoop分析向けにEMC Isilonベースのスケールアウト データ レイク ストレージを導入する主な理由をご説明しています。

スケールアウト データ レイク ストレージを導入する主な理由を読む

Dell EMCと分析パートナーの連携について調べる

Intel、Intelのロゴ、Intel Insideのロゴ、Xeonは、Intel Corporationの商標または登録商標です。