• Dell Technologies のAPEXコンソール

    APEX Consoleでクラウド サービスのエクスペリエンスをシンプルにする

    インテル イノベーティブな機能を内蔵
    • セルフサービス型のIT管理コンソールを使用することで、複雑さを低減し、ソリューションの特定、構成、導入、監視、拡張をすばやく簡単に行えるようになります。そのためお客様は、進化するテクノロジー ニーズに十分に対応することができ、運用上のリスクを低下させながらビジネス要件を満たすことができます。


    • APEX Consoleのメリット


    • APEXコンソールがもたらす体験

      APEX Consoleは、オンプレミスやハイブリッドクラウド環境におけるAPEXサービスの発見、サブスクリプション、導入、監視、最適化、拡張といったエンドツーエンドのジャーニーを一元化し、近代化するためのITおよびクラウド管理ポータルです。

    • 装飾

      クラウド インフラストラクチャ サービスのカタログから製品を見つける

      APEX製品を参照して、ビジネス要件とアプリケーション要件、コスト、運用モデルに適したテクノロジーを見つけ、ソリューションの計画を思いどおりに立てましょう。


    • 装飾

      シームレスなセルフサービス プロセスにより、オンラインでサブスクライブ

      ユーザーは、結果重視のエクスペリエンスを通じて注文の設定、保存、送信を行うことができるため、必要なリソースを調達するうえで避けられない複雑さを低減し、担当者の人数を削減することができます。

      装飾

    • 装飾

      ワークロードの導入とリソースのプロビジョニングをすばやく行う

      コマンドライン スクリプトを使用してAPEX Consoleの機能を自動化したり、必要な機能だけを既存のアプリケーションに統合したりすることで、APEXのエクスペリエンスを組織のニーズに合わせて調整して、既存の投資を活用することができます。


    • 装飾

      APEXリソースの稼働状態とパフォーマンスを1か所でモニタリング

      稼働状態と最も関心のあるパフォーマンス メトリックの追跡を迅速に行えます。これらには、統一されたコンソール操作を通じてアクセスできます。 

      装飾

    • 装飾

      パフォーマンス、使用率、支出を最適化

      実用的なアラートと通知によって常に先を見越して行動できます。さらに、現在の請求サイクルの途中でも、将来の容量ニーズに関する計画を立てることができ、詳細な使用コストも参照可能です。


    • 装飾

      必要なときに必要な容量だけを拡張

      増大するビジネス ニーズに対応するために、リソースの拡張や、新しいリソースの追加を行えます。これらは、リソースを管理しながら、統一されたコンソール操作で行うことができます。

      装飾

    • インフラストラクチャの管理ではなく、ビジネスに集中する。

      APEXは、データおよびワークロードのさまざまな要件に対応するクラウド サービスとインフラストラクチャ サービスを提供します。これらのサービスを利用することで、イノベーションを加速させ、進化する要件に適応し、IT運用を管理し続けることができます。APEXは、インテルの柔軟性とパフォーマンスを備えたデル・テクノロジーズ インフラストラクチャを基盤としています。

    • 装飾

      APEXクラウド サービス

      APEX Cloud ServicesはAPEX Consoleで見つけることができます。プライベートおよびハイブリッド クラウドのサブスクリプションは簡単に設定および注文することができます。これらのサブスクリプションにより、ワークロードに必要なリソースが提供され、リソースはすべて、透明性の高い月額料金で利用できます。クラウド管理をシンプル化して、クラウドの導入を加速させましょう。

    • 装飾

      APEXインフラストラクチャ サービス

      APEX Data Storage Servicesの稼働状態とパフォーマンスを監視しつつ、サブスクリプションを管理することができます。さらに、APEX Consoleでは、高度な分析とインテリジェントな容量予測も利用できます。

    • 装飾

      APEX Flex On Demand

      APEX Flex on Demandの測定済みインフラストラクチャ使用率とコストをAPEX Consoleから追跡できます。最終的な請求書が送信される前に仮請求書レポートを表示して承認できるため、月末になって料金に驚くことはありません。